ロングテールSEOで効果的にお客様を獲得する。

  • SEO
  • サービス概要
  • ファイナルSEOの特徴
  • SEO実績
  • サイト診断

ファイナルSEOサービス概要 > ロングテールSEO

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは、1つのビッグキーワードに付随する数多くのキーワードでSEO対策をするものです。

例えば「携帯電話」というキーワードで対策をしようとしても、このキーワードで現在上位表示されているサイト群に割ってはいるには相当な費用と時間がかかります。
おまけに、多くのユーザーがサイトを訪れていても、サイトからの離脱率は高くなります。
その理由は、「携帯電話」と検索したユーザーの目的が多岐に渡るためです。
携帯電話の「購入」なのか「修理」なのか「価格」なのか「アクセサリー」なのか・・・

携帯電話を修理したいと思って検索したユーザーに、携帯電話のアクセサリーのECサイトを見せても仕方ないですよね。
ビッグキーワードで上位表示できれば、サイトの表示回数やサイトへの訪問者は増加しますが、ユーザーの目的を絞り込めないため費用対効果が極端に悪くなる傾向にあります。

そこで、案件のサイトが何を主体とした営業をしているのか、お客様に何を提供しているのかを見極め、対策キーワードによってあらかじめ訪れるユーザーを絞り込むことをロングテールSEOといいます。

ロングテールSEOでの対策キーワード

あらかじめキーワードでユーザーを絞り込むというのは、サイトで扱う商品やサービスがどのようなもので、ユーザーがそれを必要とするのはどのような状態なのかを理解すればいいのです。
先ほどの例で言えば「携帯電話」の「アクセサリー」を扱うECサイトが獲得したい客層は、液晶カバーシールが欲しかったり、ストラップが欲しかったり、デコレーションをしたいお客様であるはずです。
であれば、「携帯電話 アクセサリー」「ストラップ 通販」「ケータイ デコレーション」などのユーザーのニーズにマッチしそうなキーワードで、SEO対策をすることが望ましいでしょう。

ロングテールSEOでの検索数

「携帯電話」というビッグキーワードでの検索数は非常に多くなります。
それに比べると、「携帯電話 アクセサリー」は少なくなります。「ケータイ デコレーション」などはより少ないものになるでしょう。
しかし、本当にユーザーが欲しいと考えているものや、ターゲットとなるユーザーの年齢層を考慮してキーワードを選定するとなればビッグキーワードほど検索数が多くなくても問題ありません。
検索数が多くサイト離脱率も多いことより、検索数が少なくても確実に商品の購入やサービスへのお問い合わせが見込める対策をするべきなのです。

ロングテールSEOに有効なコンテンツ制作

SEO対策に有効な手法として、質の高いコンテツの作成があげられます。
テキストや画像でユーザーに有益な情報を提供することがホワイトハットSEO的にも非常に大切になるのです。そのためには、ユーザーがどのような状態でどのようなものを欲しているのかをリサーチした結果や、サイトや対象ページが必要とする目標を反映したコンテンツにしなくてはいけません。

コンテンツ作成例:

このようなテキストのコンテンツだけでも、ユーザーが検索しそうなキーワードがたくさん入っています。
赤字で目立たせて見ましょう。

このように複数のキーワードを記述することで、少ない検索数でもサイトへの流入経路を多数用意しておくことがロングテールSEOのコンテンツ作りになります。

掲示板

ペナルティ解除率99.0  %
上位達成KW数3955  KW
上位化達成率96.1  %
対策継続率95.8  %

ご相談はこちらから